【サーバー】ロリポップからエックスサーバーへ変更しました。

この度、レンタルサーバーを変更して新たなドメインを取得しました。それまでの経緯と変更作業について、記録しておこうと思います。

最初にロリポップを選んだワケ

1年ほど前、コロナ禍で暇を持て余し、久しぶりにブログでも始めようかと思い立ちました。

10年以上のブランクがあったために最新事情を調べると、ブログ界隈の状況がかなり変化していたり、WordPressを使ったサイト作りが主流になっていると知り、驚いたり戸惑ったりしました。

聞いたこともなかったWordPressに興味を持ち、せっかくなら実践しながら勉強しようと、まずは1年間の契約をしてみることにしました。

勉強のために読んだ本やネットでの評判を見て、レンタルサーバーは、ロリポップ、エックスサーバー、さくらレンタルサーバーの3つを候補に絞りました。

どこも申し分ないサービスだと感じながら、一番心配だったのは自分自身が継続できるかでした。

聞くところによると、ブログを始めた人の中で1年間継続する割合は10~20%程度だと言います。これを知ると、自分が自分を一番疑ってしまいます。

昔使った無料ブログサービスなら、始めるのも止めるのも気楽でしたけど、料金が発生するとなると断然気持ちが違いますよね。

暇つぶし程度に思いついたような私は、安定性と信頼性が担保された上で、とにかく安いプランを!という気持ちから、ロリポップのライトプランを選択することにしました。

今は条件が変更されていますが、私が契約した時には、ライトプランでも12か月以上の契約をすれば『ドメインずーっと無料』サービスが適用されました。

そのため【初期費用(1,650円)+ 330円×12か月分】のサーバー使用料だけでひとつのサイトがオープンできたので、1年間限定の趣味と考えれば安いかな…という感覚でした。

ブログを始めて1年間のこと

さて、実際にサーバーを借りてWordPressを使ったサイトをオープンしました。

「WordPressって何?」というところから始めた私は、WordPressそのものに慣れることで精いっぱいでした。

まず、テーマという概念が理解できていません。

はじめ、テーマはサイトの【見た目=デザイン】だけを変えるものだと思っていましたが、あれじゃない、これじゃない…と、テーマをとっかえひっかえするうちに、テーマそのものにも【機能】があって、その使い勝手の良し悪しも、サイト運営には欠かせない要素だとわかってきました。

同時に、本の内容に沿ってなんとかWordPressのインストールはできたものの、開いた画面や公開したサイトを見ても、今ひとつ納得いかないものがありましたが、それは英語圏発のテーマが原因だと気づきました。

となると、日本人に合った、日本語対応のテーマのほうが良いと感じるようになります。そこで導入したのが、無料テーマの中でも特に人気の高いCocoonというテーマでした。

このCocoonとの出会いで一気に目の前が開けた気分になり、記事の作成とカスタマイズの楽しさで時間は過ぎていきました。

無料ブログを使っていれば最初の設定さえ済めば、あとは記事を書くことに専念できますね。ところがWordPressの場合は、出来ることも多い分、自分でカスタマイズしたり、プラグインを探して使えるように設定したりと、意外と「調べる」ことが多くなります。

ここにアフィリエイトを取り入れると、ますます頭は大混乱。

忘れないように、、、。

頭の整理に、、、。

WordPressの理解のために始めたブログとはいえ、当初のイメージしたサイト内容からは大きく逸脱して、気づけばWordPressの備忘録と化していきました。

なぜサーバーを変えようと思ったか?

だんだんと備忘録化していく内容は、最初に考えたサイト名と内容が合わなくなってきました。

いっそのことサイト名を変えるか、新たにドメインを取得するかで悩むようになります。

ここで逆にネックになったのが『ドメインずっと無料』でした。というのも、このサービスを利用したドメインは、後から変更できません

このドメインがもっと汎用性のある名前なら良かったんですが、初めてのサーバー開設ではそこまで頭が回っていませんでした。

新しくしたいサイト名とドメインが、全く関連性のないものになる違和感がとっても嫌でした。

そんなとき、ムームードメインで「ドメイン初回取得割引」キャンペーンが始まりました。これは.comと.netのドメインを初めて取得する顧客に対し、1年間分の費用が1円になるというものでした。

ドメインを変えるか変えないかで悩んでる時にこれを知ると、えいっ!という気分になってしまいます。

しかも、どうせならと一気に3年分契約してしまいました。

ところがその後で気づいたんですが、ロリポップのライトプランでは、データベース(以下「DB」)が1個しか使えないんです。

WordPressでいう『データベース』というのは、作成した記事のタイトルや本文のほかに、カテゴリやタグなどで記事を分類した情報が保管された大切なものです。

できれば、1つのサイトに1つのデータベースを用意するのが理想だと言われています。

もちろんDBが1つでも、複数のサイトを作成することは可能です。実際に私自身もそれで動かせています。ただ、もしもこのDBが壊れたら、1つのサイトどころか、共有していたサイト全ての情報が一気に消失するリスクもあるわけです。

ロリポップの場合、ライトプランをスタンダードプランに変更するだけでDBは30個まで増えます。なので、一応はプランを変更することも考えてみました。

ただ更新時期が近づいていたこともあり、いっそのことロリポップの更新をやめて別のレンタルサーバーに乗り換える手もあるな…と考えるようになります。

前から気になっていたエックスサーバーは、スタンダードプランでも毎月の利用料はロリポップの倍になってしまいます。

ところが、エックスサーバーはスタンダードプランであってもDBは無制限だし、ロリポップではオプションになっているデータのバックアップもプラン内に含まれています。また、契約期間中は1個のドメインが無料で使えます。

唯一の心配は「今まで書いた記事が無駄になる…」ということですが、遡って読み返してみると、どうでもいいような記事も多いんですよ。。。

いっそのこと選別と修正で記事をまとめ直したほうがいいくらいです。

そんな時に、いい具合にキャンペーンの実施を知ってしまいました。

ロリポップに限らず、エックスサーバーでも色んな時期にキャンペーンが実施されていて、タイミングが合えばお得に契約できるときがあります。それがちょうど今だったんです。

このキャンペーンを使うと、月額料金がロリポップの上位プランとほとんど変わらなくなりました。36か月契約すれば、むしろ安くなるくらいでした。

しかもエックスサーバーの『WordPress簡単移行』機能を使えば、他のレンタルサーバーにあるサイトの移転作業は必要な項目を入力するだけというのです。

サーバーパネルより[WordPress簡単移行]を選択し、必要事項を記入するだけで、他社サーバーで運用中のWordPressが自動的にエックスサーバーへ移行されます。不安のつきまとうWordPress移行も、この機能をご利用いただくと、簡単にすばやく移行を完了できます。

エックスサーバー公式HP

サーバーの引っ越しが上手くいかなかった場合を考えて、新旧サーバーの契約が重なるようにしたほうが良いのですが、これがまたナイスなタイミングで、残り1か月という時期でした。

旧サーバーにデータを残した上で、新サーバーの動作確認を行い、問題なければ旧サーバーの契約を解除する。

この流れで行けば、今ほどちょうどいい時期はありませんでした。

サーバー移転の流れ

それでは実際にロリポップからエックスサーバーへサイトを引っ越した流れです。移転時、2つのドメインを持っていましたが、その扱いは次の通りです。

  • ロリポップの無料ドメインは、契約解除と同時に解約予定。
  • 3年契約のドメインはムームードメインのまま、サイトデータだけをエックスサーバーへ移転する。

移転作業

大まかな移転作業は次の通りです。

  1. エックスサーバーと契約する。
  2. エックスサーバーの設定パネルでドメイン設定を追加する。
  3. 「2」で追加したドメインに対し、『WordPress簡単移行』機能を使って、移転元サーバーのホームページデータを、エックスサーバー側へアップロードする。
  4. エックスサーバーの設定パネルで、移転したドメインの独自SSLを設定する。
  5. ムームードメインとエックスサーバーを紐づける。(ネームサーバー変更
  6. 新サーバーでの動作を確認後、旧サーバーの契約を終了する。(余裕をみて1か月ほどの期間は重複契約にしておく予定です。)

※SSL設定やサーバーデータの移行作業が完了する前にネームサーバーを変更すると、一時的にサイトが見られなくなる可能性があります。ネームサーバーの変更は最後に行うようにしましょう。

本来の移転作業では、自分自身で旧サーバーのデータをコピーして新サーバーにアップロードして…という作業があって気が遠くなりそうでしたが、『WordPress簡単移行』機能のおかげで、必要事項の入力だけで簡単に移行が完了しました。

あ、でも最初はエラーが発生して「失敗」の表示が出て焦りました。これはサイトのセキュリティ機能がかかってしまい、自動でログインできなかったためです。

セキュリティ機能をオフにして簡単移行をしたところ、5分もかからずにデータの移転は完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました