本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

PowerPoint:ルーラーの角度を自在に変えて直線を引く【Word/Excel共通】

- PR -

パワーポイントでは、スライドに文字やイラストを手描きできる[描画]機能があります。

ただ、マウスを使って線を描くのは意外と難しいですよね。

まっすぐ線を引くのは ムズカシイィ~~~

そんな時は、[ルーラー]を使うと便利です。

ルーラー使えば、この通り~

線を引きたい場所にルーラーを置いて、あとはマウスでなぞるだけ。

きれいな直線を描けます。

ただ、ルーラーの位置や角度を変える方法が分かりづらいので、そちらを整理しておきましょう。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

[描画]ルーラーの使い方

ルーラーを表示する

[描画]タブに切り替え、[ルーラー]をクリックすると、スライドの上にルーラー(定規)が表示されます。

再び[ルーラー]をクリックすると、ルーラーが非表示になります。

マウスでルーラーを制御する

移動

スライド上に表示されているルーラー(定規)を移動するには、ルーラー上をポイントし、移動したい方向へドラッグ&ドロップします。

角度

ルーラー(定規)にポインタを当てた状態でマウスのスクロール ホイールを回すと、ルーラーを 1 度ずつ回転できます。

ルーラーは、マウスポインターが指している位置を回転軸とします

キーボードでルーラーを制御する


キーボードでルーラーを操作する場合は、操作モードONにする必要があります

ルーラー 操作モード ON = ShiftF6

操作モードがONになると、ルーラーの端が濃い灰色の太枠表示に変わります。

ショートカット

操作キーボード操作
上下左右に移動
15 度ずつ回転Alt ・・・ 左の矢印では反時計回りに回転
Alt ・・・ 右の矢印では時計回りに回転
1 度ずつ回転AltCtrl ・・・ 左の矢印では反時計回りに回転
AltCtrl ・・・ 右の矢印では時計回りに回転

まとめ

今回の記事では、PowerPoint、Word、Excel、で使えるルーラー(定規)の角度を変える方法をまとめました。

マウスとキーボードを使い分け、効率よく利用したいですね。

タイトルとURLをコピーしました