本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【PowerPoint】飛行機の宙返りアニメーションを作る

- PR -

飛行機にアニメーション

今回は、こんな感じのアニメーションを作成してみようと思います。

アニメーションの設定

アニメーションは、次の4つを設定します。

  1. [アニメーションの軌跡]の[直線](左方向)
  2. [アニメーションの軌跡]の[図形](円-逆方向の軌跡)
  3. アニメーションの[強調]-[スピン](反時計回り)
  4. [アニメーションの軌跡]の[直線](左方向)

[アニメーションの軌跡]にある[ユーザー設定パス]を使って一気に軌道を描いてしまう方法も試しましたが、飛行機をスピンさせるタイミングの設定が難しかったので、移動は3段階に分けました。

前準備

  • スライドに飛行機など、お好みのイラストを挿入しておきます。
  • アニメーション]タブ→[アニメーションウィンドウ]をクリックして、サイドバーにアニメーションウィンドウを開いておきます

前半の[直線]移動

  • イラストを選択し、[アニメーションの追加]から[アニメーションの軌跡:直線]を選択します。
  • 効果のオプション]から[直線(左へ)]を選択し、移動の方向を変更します。
  • サイドバーのアニメーションウィンドウに表示されたリストの右に表示される[▼]をクリックして[効果のオプション]を選択します。
  • 滑らかに開始]と[滑らかに終了]をそれぞれ「0秒」に変更して[OK」をクリックします。

回転する設定(その1)

まずは、イラストを円形に移動させる軌道を追加します。

  • [アニメーションの追加]から[アニメーションの軌跡:図形]を選択します。
  • [アニメーション]リボンの[効果のオプション」から[逆方向の軌跡」を選択します。
  • キーを押して[図形軌跡」を横に移動させます。
    この時、図形軌跡始点」と、最初の直線軌跡終点」が重なるようにします。
    • (マウスを使って移動する場合は、Shiftキーを押しながら移動します)
  • 図形軌道の形を楕円形から正円に変形します。
    • 選択時に表示される底辺真ん中の「〇」ハンドルを、下方向にドラッグします。
  • アニメーションウィンドウで、[直前の動作の後]を選択します。
  • アニメーションウィンドウで[効果のオプション]をクリックし、[滑らかに開始]と[滑らかに終了]を[0秒]に変更します。
  • ここまでのアニメーションをプレビューしてみましょう。
    • アニメーションウィンドウのリストから一番上の[アニメーションの軌跡:直線]を選択し、[ここから再生]をクリックすると、選択したアニメーションから先のプレビューが見られます。
    • もしくは、[アニメーション]リボンの[プレビュー]で、全てのプレビューが再生できます。

これだと飛行機がバックしてるみたいだよ・・・

大丈夫!

次で調整するピョ!


ここまでの設定では、飛行機が前を向いたまま回転してしまいます。次の設定で、飛行機自体が回転するように設定していきましょう。

回転する設定(その2)

飛行機が前方から宙返りするように設定します。

  • [アニメーション]リボンの[アニメーションの追加]から[強調:スピン]を選択します。
  • [効果のオプション]から[反時計回り]を選択します。
  • アニメーションウィンドウで[直前の動作と同時]を選択します。
  • ここまでのアニメーションをプレビューしてみましょう。

後半の直線移動

  • [アニメーション]リボンの[アニメーションの追加]から[直線]を選択します。
  • 効果のオプション]で[アニメーションの軌跡:直線(左へ)]を選択します。
  • 直線軌道を選択します。
    • 軌道を直接クリックするか、アニメーション番号の「2」をクリックします。
    • すると、両端のマークが「●」に変わります。
  • 赤い「」を終点まで移動させます。
    • 今回は真っすぐ横に移動するので、Shiftキーを押しながらドラッグしましょう。
  • 後半の直線軌道の始点位置まで緑の「」を移動します。
    • 緑の「」を[アニメーションの軌跡:図形]の終点に重なるようにドラッグします。
  • アニメーションウィンドウで[直前の動作の後]を選択します。
  • アニメーションウィンドウで[効果のオプション]を開き、[滑らかに開始]と[滑らかに終了]を[0秒]に変更します。
  • 必要ならば、それぞれのアニメーションの[継続時間]を変更してアニメーションのスピードを調整しましょう。
  • 以上で完成です。アニメーションのプレビューを確認しましょう。

スライドの外から飛行機を登場させる

飛行機をスライドの外から登場・退場させたい場合は、イラストをスライドの外に配置しておきます

画面右下にあるスライダーを使えば、簡単に拡大/縮小表示ができます。

この時、[アニメーションの軌跡]を移動するとアニメーションの開始&終了位置だけが移動してしまいます。まずは開始位置にイラスト本体を移動させてからアニメーションの軌道修正をしましょう。

参考

アニメーションに使ったイラストは イラストダウンロードサイト【イラストAC】
配布されているものを利用しています。

イラストはこちらからダウンロードできます

使いたいイラストがセットタイプの場合は、次の記事が参考になります。

参考:3Dモデルを使って全方向に回転

映像的にはプロペラ機の回転よりも複雑そうに見えますが、3Dモデル特有のアニメーションを使っているだけで特に難しいことはしていません。

ぜひチャレンジしてみてください。

3Dモデルの詳細は、次の記事をご覧ください。

作り方に関しては長くなるので、別記事でご紹介したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました