WordPressのギャラリーブロックで写真を効果的に見せる

ワードプレスのギャラリーブロックを使えば、複数の写真を綺麗に配置して見せることができます。また、フルスクリーンカルーセルという機能で写真を1枚ずつ順々に拡大表示できます。

ギャラリー専用のプラグインとは違って出来ることはシンプルですが、写真メインのサイトでなければ十分な気もします。

今回は、「ギャラリーブロック」について取り上げたいと思います。(^^)/

ギャラリーブロックとは?

[ギャラリー]ブロックは、WordPressで記事を作成する際、画像表示のために用意されたブロックのひとつです。複数の写真を見栄え良く並べて配置してくれます。

「複数の写真を並べるなら、カラムブロックでもいいんじゃないの?」と思いがちですが、複数の写真をグループとして扱える便利さが特徴です。

  • 並べた写真の表示順序を入れ替えられる。
  • 画像を増やしたり減らしたりしても、自動的に配置される。
  • カラム数を変えることができる。

といった修正をする際、自動的に配置を整えてくれる点が優れています。

ブロックの呼び出し方

ギャラリーブロックの使い方の前に、ブロックの呼び出し方のおさらいです。

WordPressには、ブロックを呼び出す方法が3つ用意されています。編集状況に合わせて、使いやすい方法でブロックを追加してください。

ギャラリーブロックを呼び出す3つの方法
  • 【その1】[ブロックを追加]ボタンを使う。
  • 【その2】[ブロック挿入ツールを切り替え]ボタンから追加する。
  • 【その3】段落に直接 /gallery もしくは、/ギャラリー と入力する。

こちらの記事では、覚えてしまえば手軽な「3」の方法で呼び出します。

ギャラリーブロックの使い方

1. ギャラリーブロックを呼び出す

ブロックを挿入する位置をクリックしておき、「/(スラッシュ)」に続けて「gallery」もしくは「ギャラリー」と入力します。

2. ギャラリーに画像を追加する

編集画面に[ギャラリー]ブロックが追加されたら、画像を[アップロード]するか、[メディアライブラリ]に保存してある画像を挿入します。

3. ギャラリーブロックの設定をする

サイドバーのブロック設定パネルでオプションを設定します。

選択したカラム数に応じて、画像が最適な構成で自動的に配置されます。

カラム設定

カラム数は1~8まで選択できます。

画像と同じ数だけカラムを選択することができるため、4枚の画像を追加する場合は、最大4カラムまで選択できます。最大8カラムに達するまで、画像を追加するごとにこの数は増えていきます。

拡大表示

画像をクリックしたときに拡大表示するには、[リンク先]に[メディアファイル]を選択します。

ギャラリーSAMPLE

各画像をクリックすると、拡大表示されます。

写真6枚、3カラム

写真6枚、6カラム

カルーセル【carousel】は、回転木馬のことです!

写真が回転式に表示されるので、フルスクリーンカルーセルと言います。

まとめ

ギャラリーブロックの一連操作を動画で見てみましょう。

タイトルとURLをコピーしました