本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【WordPress】エラーメッセージ「何かうまくいかなかったようです。」と表示される【トラブル】

- PR -

以前、レンタルサーバーの ロリポップ! を使っていた頃に起きたトラブルです。

サーバーを エックスサーバー に替えてからはまだ起きていないエラーですが、万が一のために備忘録として残しておきたいと思います。

★月額110円〜/WordPress簡単インストール! ロリポップレンタルサーバー ★

トラブルの状況

記事を作成中、ちょっとしたデザインの変更のために追加CSSを記述していました。

最後に[公開]のボタンをクリックしたところ、次のエラーメッセージが表示されました。

『何かうまくいかなかったようです。』

「なんだ、この漠然とした警告は…」

『時間を置いてもう一度お試しください。』ということは、サーバー側の問題か?

それならばと、時間を置いてもう一度。

ブブーッ!

時間をおいてもダメでした。

コードの記述ミスがないか、確認→[公開]も、ダメ。

単純なコードに書き換えても、ダメ。

ダメ、ダメ、ダメ・・・。さて困った。

原因と対応

最近、ブログ関係で変わったことは無いか?と考えてみたところ、ひとつ思い当たることが…。

サーバーの【WAF】設定を、無効から有効に戻していました。

WAFが[有効]の状態だと、WordPress内での更新がサーバーにエラーとしてはじかれることがあるのです。

このWAFというのはWeb Application Firewallの略で、セキュリティ機能のひとつです。

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、不正アクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能です。

ロリポップ-サポート

レンタルサーバーよっては、WAFが無料で提供されています。

この時に契約していた ロリポップ! でも、WAFが提供されていました。

CSSカスタマイズに限らず、WordPressやテーマの設定を変えると、WAFが反応して更新を受け付けないことがあります。

(対応)WAFを[無効]に変更

レンタルサーバーにアクセスし、WAFを[無効]に切り替えます。

この時、切り替え反映まで10分程度かかります! ここは気長に待ちましょう。

十分に切り替え反映の時間をとったら、WordPressのCSS追加画面で[公開]をします。

サーバー側ではWAFの「有効」状態を推奨しています。
一連のカスタマイズ作業が済んだら[有効]に戻すのを忘れないようにしましょう。

まとめ

CSSのカスタマイズ作業で発生したエラーですが、実は、WordPressやテーマの基本設定で発生するエラーでも、このWAFが反応して更新できなかったことがあります。

WAFの[有効/無効]は、サーバー内で行います。

WordPressとサーバーを行ったり来たりするのが面倒になり、どこかの時点でWAFを無効化して『ほったらかし』になっていました。

その間はエラーの発生に悩むことがなくなっていましたが、セキュリティのことを思い出してWAFを[有効]に戻した途端、エラーが発生しました。

CSSを追加するときのエラーでは、まずは記述ミスが疑われます。

  • スペルミス
  • スペースの入れ方(半角/全角)
  • 記号の過不足(「:」、「;」、「{」など)

こうしたものを確認してもエラーが解消されない場合は、セキュリティ機能WAFの[ON/OFF]を見直してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました