【WordPress】エラーメッセージ「何かうまくいかなかったようです。」と表示される【トラブル】

以前、レンタルサーバーのロリポップを使っていた頃に起きたトラブルです。

サーバーをロリポップからエックスサーバーに替えてからはまだ起きていないエラーですが、万が一のために備忘録として残しておきたいと思います。

トラブルの状況

記事を作成中、ちょっとしたデザインの変更のためにCSSのカスタマイズをしていました。

追加CSSを記述し終えて[公開]のボタンをクリックしたところ、いきなりエラーメッセージが表示されてしまいました。

「なんだ、この漠然とした警告は…」

『時間を置いてもう一度お試しください。』ということは、サーバー側の問題か?

それならばと、時間を置いてもう一度。

ブブーッ!

時間をおいてもダメでした。

コードの記述ミスがないか、確認→[公開]も、ダメ。

単純なコードに書き換えても、ダメ。

ダメ、ダメ、ダメ・・・。さて困った。

原因と対応

最近、ブログ関係で変わったことは無いか?と考えてみたところ、ひとつ思い当たることが…。

サーバーの【WAF】設定を無効から有効に戻していました。

このWAFというのはWeb Application Firewallの略で、セキュリティ機能のひとつです。

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、不正アクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能です。

ロリポップ-サポート

レンタルサーバーのサービスによっては、WAF機能が無料で提供されています。

この時に契約していたロリポップでもこのサービスが提供されていたので、WAFを無効にするにはサーバーへアクセスする必要がありました。

実は、以前は別の設定で更新できないことがありました。

サイト開設当初は少しずつ必要なことがわかってくるので、時間差で設定作業が生じます。

そのたびにエラーで中断するのが面倒で、どこかの時点でWAFを無効化したままになっていました。

まさかCSSの追加でも影響があるとは想定外でした。

(対応)WAFを[無効]に変更

もしかして…と思い、さっそくレンタルサーバーにアクセスして[無効]に切り替えたところ、アッサリと[公開]が完了しました。

あ、でも切り替え反映まで10分程度かかります! ここは気長に待ちましょう。

もしも同様の悩みを抱えている方でしたら、一度、契約しているレンタルサーバーのWAF設定の状態を確認してみてください。

ただし、

サーバー側ではWAFの「有効」状態を推奨しているので、一連の作業が済んだら[有効]に戻すのを忘れないでください。

まとめ

WordPressのカスタマイズ作業で更新できない場合、まずは設定ミス、入力ミスが疑われます。それを確認してもなおエラーの場合は、セキュリティ機能のWAFが原因であることが考えられます。

サーバーにWAF機能がある場合は一度無効化し、更新作業が完了したら再び有効化に戻すようにしましょう。

独自にWAF対応のプラグインを導入している場合は、WAF機能を無効化するか、除外リストを使うなどして対応しましょう。

タイトルとURLをコピーしました