本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Canvaで見つけた画像生成AIアプリ【Text to Image】

- PR -

『Text to Image』

アプリ名のまんまで、指定したテキストを元に画像を作成してくれるアプリです。

昨今、巷で話題の「ChatGPT」ですが、文章生成やテキストの要約・翻訳をしてくれるAI技術で、個人的に使う機会はあるのだろうか?と遠目で見てました。

今回Canvaで見つけたのは、AI技術を使った画像生成ツールです。

サイトのアイキャッチ画像作りで頭を悩ませる時、これを使えそうです。

【Canva AI】Text to Image

Canvaは、無料で使えるオンラインのグラフィックデザインツールです。

Text to Image は、Canvaが提供しているアプリです。希望のテキストを入力すると、AIが自動的に画像を作成してくれます

Canva に会員登録すれば、無料で利用することができます。(無料版は回数制限あり)

Text to Image を使ってみた

「希望のテキストを入力」と言われても、最初は迷いますね。

例文が用意されていたので、いくつかピックアップしてみました。

入力テキストの例文
  • 夜明けの滝と山々の美しい自然風景
  • 池で泳ぐ鯉
  • グリーンソファのある北欧デザインスタイルのリビングルーム
  • 微生物のような背景
  • etc…

中には例文として「?」というものもありましたが、いくつか見てみると、かなり細かく指定できるようです。流石AI…。

例文の中にあった「目玉焼きとサラダのプレート」を試してみました。待つこと数秒。提示されたのがつぎの4枚でした。

「目玉焼きとサラダのプレート」で提示された4枚の画像

アプリ「Text to Image」の使い方

Canvaサイト → [素材]→[AI画像生成機能]-[独自のものを生成する]

以下は、記事作成当時に記載した古い「使い方」です。

  1. Canvaにアクセスします。
  2. [ホーム]→[アプリ]
  3. 検索窓に「Text to Image」と入力して、アプリを検索します。
  4. 検索結果から、「Text to Image」を選択します。
  5. 「新しいデザインで使用」を選択します。
  6. 「何を作成しますか?」の表示でキャンバスサイズを指定します。スクロールして目的のデザインを選択するか、「カスタムサイズ」を選択してサイズを指定できます。
  7. サイズを指定したら、「新しいデザインを作成」を選択します。
  8. サイドバーに画像の説明文を入力し、スタイル、縦横比を選択したら、[イメージを作成]をクリックします。
    • 「+」ボタンをクリックすると、テキスト入力エリアに例文が表示されます。別の例文に変えたい場合は、ボタンをクリックすれば、順次例文が入れ替わります。

説明文を元に、Text to Image が生成を開始し、4つのパターンを表示してくれます。画像をクリックすると、キャンバスに挿入されます。

無料会員の場合、生成できる回数に制限があります。「画像を生成」ボタンの下に残り回数が表示されるので、確認しながら使いましょう。更に機能を利用したい場合は、有料版に登録が必要です。

スタイルの違い

同じテキストでも、スタイルを変えるとどうなるのか試してみました。

目玉焼きとサラダのプレート」の、スタイル「アニメ」で作成したものです。

※ 画像の境界がわかりやすいように背景色を設定しています。
ソースネクスト

まとめ

ブログのアイキャッチ画像を作る時に悩むことが多いので、こういったツールを上手に活用すれば、かなり効率よく作業ができるような気がします。

ただ、無料版での使用は50回までです。制限をなくしたい場合は有料版に登録する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました